債務整理 弁護士コラム

任意整理しても家族カードは使える? 任意整理の前と後の注意点

2022年07月11日
  • 任意整理
  • 任意整理
  • 家族カード

任意整理しても家族カードは使える? 任意整理の前と後の注意点

任意整理をすると、完済から5年が経過するまではクレジットカードの利用ができなくなります。しかし、キャッシュレス化が進んだ昨今では、クレジットカードが使えないと不便なことも多くなっています。

そのため、『自己名義のクレジットカードは作成できなくても、家族カードを使うことができないか』と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、これから任意整理をしようと考えている人の中には、『家族カードも使えなくなるのでは……』と心配している方もいるでしょう。

今回は、任意整理と家族カードの関係について解説します。

1、家族カードとは

まずは、家族カードがどのようなものであるのかについて解説します。家族カードの仕組みを理解することで、任意整理と家族カードの関係が分かりやすくなります。

  1. (1)本会員の家族が利用できるクレジットカード

    家族カードとは、クレジットカードの本会員が結んだ契約に基づき、その家族に対して追加で発行されるクレジットカードのことです。

    クレジットカード会社によって異なることもありますが、対象となる家族は、本会員と生計を一にする配偶者、両親、18歳以上の子ども(高校生を除く)とされていることが一般的です。専業主婦(主夫)や、離れて暮らす大学生の子どもなども家族カードを利用できます。

    家族カードが発行されると、ショッピングやキャッシングをはじめとして、本会員とほぼ同じサービスを利用できます。利用可能枠は、通常本会員と共有です。

  2. (2)家族が利用した分も本会員が返済義務を負う

    家族が『家族カード』を利用した分の代金については、本会員が返済義務を負います。つまり、利用者ごとに請求を受けるのではなく、家族全員の利用分について、本会員がカード会社からの請求を受けることになります。

  3. (3)家族カードの作成は本会員の信用次第

    本会員にすべての返済義務があるので、家族カードを作成できるかどうかは本会員の信用にかかっています。

    もっとも、本会員の信用情報に事故情報が登録されていない限り、ほとんどの場合は家族カードの作成自体は可能です。ただ、本会員の収入が少ないなどの事情がある場合には、利用可能枠が低く設定される可能性が高くなります。

2、本会員が任意整理すると家族カードはどうなる?

家族カードの仕組みをご理解いただいたところで、本会員が借金を抱えて任意整理をした場合に家族カードに及ぼす影響について解説します。

  1. (1)家族カードも強制解約となる

    任意整理の対象としたクレジットカードは、強制解約となります。家族カードも同様です。

    本会員の信用に基づき家族カードが発行されている以上、本会員が任意整理をすれば利用代金を返済する能力がないと判断されるため、家族カードも利用することはできなくなります。

  2. (2)家族の信用情報に傷はつかない

    本会員が任意整理をしたことで家族カードが強制解約となったとしても、家族の信用情報に事故情報が登録されるわけではありません。

    家族カードの利用者は、本会員の信用に基づきその利用可能枠を使わせもらっているだけの立場になるため、家族自身の信用は本会員の任意整理とは無関係です

  3. (3)カードを任意整理の対象外としても更新は拒否される

    本会員が任意整理をする際、家族カードの発行を受けているカード会社を手続きから除外すれば、本カードも家族カードも利用できると考えるかもしれません。
    しかし、任意整理をしてからおおむね半年以内に、除外したクレジットカードも強制解約となるのが通常です。カード会社は、定期的に顧客の信用情報を照会して返済能力を確認する「途上与信」という調査を行っているためです。

    仮に途上与信による強制解約がなされなくても、カードの更新時に本会員の事故情報は確認されます。その際、任意整理をしたことが明らかにになれば、カードを更新できない可能性があるでしょう。

3、家族カードをもっている家族が任意整理するとカードはどうなる?

家族カードを利用している家族が任意整理をした場合、家族カードの本会員にも影響は及ぶのでしょうか。

  1. (1)家族カードだけを任意整理の対象にすることはできない

    家族カードは、本カードと利用可能枠を共有しているので、家族カードだけを任意整理することはできません。
    そもそも、家族カードの利用代金の返済義務は本会員にあるので、家族カード分を支払えない場合は、カードを使った家族ではなく、本会員が任意整理を検討することになります

  2. (2)本会員が返済を怠らなければカードに影響はない

    信用情報は個人単位なので、たとえ家族カードの使用者が任意整理をしたとしても、本会員の信用に影響を及ぼすことはありません。
    つまり、家族が任意整理しても、本会員が返済を怠らない限りカードに影響が及ぶことはなく、本カードも家族カードもそのまま利用できます。

4、任意整理後に家族カードを利用できる?

それでは、任意整理をした後に、家族が利用しているクレジットカード会社から新たに家族カードの発行を受けて利用することはできるのでしょうか。

  1. (1)ほとんどの場合は利用できる

    結論からいうと、ほとんどの場合は任意整理後に家族カードの発行を受けることが可能であり、利用上の制限を受けることも特にありません。これまでにご説明してきたとおり、家族カードは本会員の信用に基づき発行され、本会員が返済義務を負うものだからです。

    家族カードを申し込んだ際にもクレジットカード会社による審査はありますが、もっぱら本会員の属性(信用情報、年収、勤務先、勤続年数、持ち家の有無など)が審査されるのみです。
    申込者(家族)の属性については、年齢や家族関係、本会員と生計を一にしているかどうかなどが形式的に審査されるだけであることが一般的です。

  2. (2)任意整理したカード会社は利用できないこともある

    家族カードの発行を受けられないケースとしては、任意整理をしたクレジットカード会社のカードを申し込んだ場合が挙げられます。
    クレジットカード会社には、任意整理をした履歴、いわゆる『社内ブラック』が残っています。そのため、カード会社はたとえ家族カードであっても使いすぎるおそれがあると判断し、発行を拒否する可能性が高いといえます。

    どうしても家族カードを利用したい場合は、過去に債務整理をしていないクレジットカード会社で家族カードを発行してもらうとよいでしょう。
    ただし、使いすぎには十分に注意する必要があります。借金問題に苦しまないためにも、収支を考えながら使用することが大切です。

5、まとめ

家族カードは、本会員と同様に使用できるものの、信用情報は本会員に紐づきます。実質的には、本会員のカードそのものを借りているのとほぼ同じ状態といえるでしょう。

そのため、本会員が任意整理をすると、家族カードを含むすべてのカードが強制解約となります。一方で、たとえ家族カードをもっている家族が任意整理をしたとしても、基本的にはカードに影響はありません。

クレジットカードの支払いを滞納してしまい、家族にも迷惑をかけそうな状況であれば、弁護士に相談することをおすすめします。早めに専門的なアドバイスを受けることで、影響を最小限に抑えることができるでしょう。

ベリーベスト法律事務所では、債務整理に関するご相談は何度でも無料でご利用いただけます。解決実績が豊富な弁護士に、ぜひご相談ください。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

同じカテゴリのコラム(任意整理)

このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際は、原則お近くの事務所へのご来所が必要です。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

PAGE TOP