自己破産について弁護士よりメッセージ

巽 周平
  • 弁護士
  • 巽 周平

  • 弁護士会:
    第二東京弁護士会

自己破産をお考えの方へ
巽弁護士より、インタビュー形式でメッセージをお届けします。

自己紹介

弁護士の巽周平といいます。弁護士になってから3年(※インタビュー当時)になります。
自己破産の分野に積極的に取り組んでいます。

なぜ自己破産の分野に取り組んでいるのか

お借り入れで苦しんでいる方は多くいらっしゃいます。
自己破産というのはお借り入れを全て、裁判所の許可を得て返済しなくてもよくなるという手段ですので、皆さんにもっとも適切に人生の再出発をきっていただける手続きになっておりますので、この手続きを一番積極的に取り組んでおります。

お客様から言われて嬉しかったひとこと

自己破産手続きをとりますと最終的に裁判所の免責許可決定というものが出て、お借り入れを全て返済しなくて良いということになります。
そのときにお客さまから「先生のおかげで人生の再出発がきれました。」「今は元気にやっております。先生のおかげです。」とおっしゃっていただけて本当に仕事に取り組んで良かったと思います。

自己破産すると身の回りの物を全て失う?

基本的には全て失うということはありません。
お客さまの中には家の中の物を全て持って行かれてしまうのではないのか、裁判所に取られてしまうのではないのか、とお考えの方もいらっしゃいます。 しかし、そのようなことはありません。ほとんどの家財道具はお手元に残したまま自己破産できます。 具体的には、20万円以上の価値のつかない物については全てお手元に残せますので、高価な物でない限りお手元に残しながら自己破産することができます。

会社や家族に自己破産をしたことを知られてしまう?

家族や会社に知られずに自己破産の手続きをすることも可能です。
ご家族などにお話をして自己破産の手続きをとられた方が良い場合もありますが、どうしても家族や会社に知られたくないというご相談者の方もいらっしゃいます。 そのような方は我々にご相談いただければ、そのような手続きをとることも可能ですのでぜひ、担当の弁護士にご相談を頂ければと思います。

これからご相談される方へひとこと

借金の問題で苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。 そのような方の中には、自己破産に悪いイメージがあって、自己破産をしてしまったら人生終わりなのではないかとか考えてらっしゃる方もいます。 しかし実はそうではありません。自己破産というのは皆さまに人生の再出発をきっていただく国から認められた権利です。 少しでも返済が厳しいなと考えられた方は、なるべく早く我々にご相談いただければと思います。 皆さまに少しでも良い形で自己破産の手段をとることをご提案できますので、早めにご相談いただければと思います。

自分の過払い金を気軽にチェック 5分ほどのお電話で無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
PAGE TOP