債務整理 弁護士コラム

弁護士に依頼すると債務(借金)がチャラに!? 弁護士に借金を整理してもらう方法とは

2020年05月25日
  • 借金問題
  • 債務
  • 弁護士

弁護士に依頼すると債務(借金)がチャラに!? 弁護士に借金を整理してもらう方法とは

多額の借金を抱えてしまい、どうやって返済してばいいかわからない……そんな悩みを抱えてしまったときに、心強い味方となってくれるのが弁護士です。
弁護士に借金を整理してもらう「債務整理」を依頼すれば、借金を減額したり、免除してもらったりすることができます。

本稿では、

債務が減額・免除になるしくみ
債務整理とは何か
弁護士に債務整理を依頼するメリット
債務整理に強い弁護士の選び方

以上について解説していきます。
借金問題に悩み、なんとかして借金を整理したいとお考えの方は、ぜひご参考になさってください。

1、債務整理とは?

借りたお金、返したくないわけではない。みなさんそうです。
それなのに返済、返済と迫ってくる債権者。利益が対峙(たいじ)している債権者(貸した人)と債務者(借りた人)では、話を分かり合えるということはないでしょう。ましてやビジネスで貸している貸金業者となれば、返済をしつこく要求するのが仕事ですから、待ってほしいという債務者のお願いもむなしく終わることもあるでしょう。

こんなとき、どうすれば良いのでしょうか?

「どうしても返せないから借金を踏み倒そう」なんてことは、当然してはいけないことです。相手に対してはもちろんですが、債務者自身が後でもっと苦しむことになる可能性があります。

実は、合法的に債務を減額したり、一部を免責してもらったりすることができるんです。ご存じでしょうか?

この借金を整理する手続きを「債務整理」といいます。

債務整理とは、多額の借金を負っている人が借金の支払いを減額、あるいは免除してもらうことです。
そんなうまい話あるの?と思うかもしれませんが、「ない袖は振れない」これに尽きます。「うまい話」と思うかどうかはそれぞれですが、借りたものを返さない、ということを合法的に行うことができるのです。

債務整理には、裁判所を介した法的措置によって借金を減額、あるいは免除する「破産」「個人再生」「特別調停」と、貸金業者との話し合いによって借金を減額する「任意整理」があります。

これらの手続きをお手伝いするのが「弁護士」です。
では各債務整理手続きについて、以下簡単に説明いたします。

2、債務整理の主な種類は3つ

債務処理の手続きについて、利用率の高いものから順に紹介します。

  1. (1)任意整理

    任意整理とは、貸金業者との間で借金の返済方法について交渉を行い、借金の負担を減らすための手続きです。

    弁護士や司法書士が債務者の代理人となり、債権者などの相手方と交渉します。
    債務整理のなかでは唯一、裁判所を介した法的な手続きではありません。
    任意整理は将来的な返済方法について、任意整理後の返済期間中の利息、遅延損害金を免除することにより、債務者にとって無理のない返済計画を立てる狙いがあります。

    ただし、前述のように任意整理には法的根拠がないため、必ずしも相手側が、債務者側の求める減額に応じるとは限りません。

  2. (2)自己破産

    借金の返済がままならず経済的に立ち行かなくなった債務者が、裁判所に破産の申し立てを行い、再スタートを切るための法的な手続きが自己破産です。裁判所から免責の許可が下りれば、借金をゼロにして返済義務を免れることができます。

    自己破産をすると、債務者が所有する一定額以上の不動産や自動車など資産と見なされるものは全て没収され、債権者に配分されます。また、破産手続きが開始されると、資格制限によって一定の資格を得ることができなくなったり、資格が停止したりします。

  3. (3)個人再生

    個人再生とは、裁判所に借入金の減額を前提とした返済計画を提出し、債務の圧縮を図る手続きです。裁判所の認可を得ることができれば、計画に従って返済していくことになります。

    個人再生は借金をゼロにすることはできませんが、返済計画が認められれば、借入金が5分の1程度まで免責される可能性があります。

    また、借入金の減額手続きに「特定調停」がありますが、実際にはあまり利用されることがありません。

3、債務整理を弁護士に依頼した場合にかかる費用

債務整理を弁護士に依頼すると、着手金や成功報酬などの費用がかかります。

  1. (1)弁護士に依頼した場合の費用の相場は?

    債務整理を弁護士に依頼した場合にかかる費用を、主な3つの手続きごとに紹介します。

    ①任意整理(和解)の場合
    任意整理は裁判所を通さない手続きですが、弁護士に依頼する際の費用がかかります。債権者1人あたりの弁護士費用は着手金で4万円~5万円程度、成功報酬で債務の減額分の10%程度です。

    詳しくは後述しますが、任意整理では払いすぎた利息の「過払い金」が見つかる可能性があります。過払い金の返還を受けた場合、過払い金の10%~20%程度が報酬の平均です。

    ②自己破産の場合
    自己破産は債務者本人が行うこともできますが、迅速に手続きに進めるなら弁護士に依頼されることをおすすめします。弁護士費用の相場は20万円~40万円程度です。

    ③個人再生の場合
    個人再生を弁護士に依頼すれば、煩雑な業務を一任でき、なおかつ財産を守ることができます。着手金は30万円程度、成功報酬は10~20万円程度が相場です。

    なお、当然ながら上記の費用は「あくまで目安」にすぎません。
    詳しい費用は、依頼内容や依頼先の法律事務所の費用体系によって異なりますので、相談の際にしっかりと確認しましょう。

  2. (2)借金があっても弁護士費用は支払える?

    債務整理を検討されている方の多くは「借金の返済もままならないのに弁護士費用を支払うことができるのか?」とお考えではないでしょうか?

    実際に、もっとも費用のかからない任意整理でも最低十数万円が必要で、決して安い費用ではありません。

    費用が払えない場合は、弁護士に相談して分割払いにしてもらえることも多いです。債務者に直ちに費用を支払う余裕がないからと言って、弁護士が依頼を受けないということはありません。
    まずは無料相談を利用して、費用についても相談されることをおすすめします。

4、弁護士に債務整理を依頼する3つのメリット

弁護士に債務整理を依頼すると次のようなメリットがあります。

  1. (1)相談相手となり精神的に楽になる

    弁護士に借金問題を相談することで、多くの方が「精神的に楽になった」といいます。

    借金問題を他人に話したくないという方は多いですが、ひとりで悩んでも進展することはありませんし、早急に解決を図らなければ取り返しがつかなくなる問題でもあります。借金返済のプレッシャーから解放されるためにも、まずは弁護士に相談しましょう。

  2. (2)債権者からの催促が止まる

    債権者から連日のように取り立てや催促が続くと、精神的にも追い込まれてしまいます。家族や職場にも電話が来るようになると、普段の生活や仕事にも悪影響を及ぼしかねません。そのような状態から今すぐに抜け出すためにも、弁護士に相談しましょう。

    弁護士が代理人となって債務整理の手続きを進めると、その旨を記した「受任通知」という書面が債権者に送られます。受任通知を受け取った債権者は、債務者に対して直接の催促ができなくなるのです。

  3. (3)自分にあった解決方法を提案してくれる

    借金問題を解決するためには任意整理がいいのか、あるいは個人再生がいいのか?法律や借金問題に精通した人でなければ、その判断は難しいものがあります。弁護士であれば、債務者の状況に合わせて的確な解決方法を提案してくれるでしょう。

  4. (4)手続き、計算、交渉、資料準備は全て代行してくれる

    債務整理には、法的な手続きや債権者との交渉、利息の引き直し計算、取引履歴等の資料の準備などが必要不可欠です。普段の生活を送りながら、また借金を返済しながら、並行してそれらの準備を行うことは、身体的にも精神的にも大きな負担となります。

    弁護士に依頼すれば、それら煩雑な準備を全て一任できます。さらに、利息の引き直し計算で過払い金が見つかれば、債務整理から過払い金返還請求へシフトしてくれます。

  5. (5)債権者との交渉を有利に進める

    貸金業者などの債権者は法律や金融の知識、債務者との交渉の経験が豊富です。
    一般の人が借金の減額交渉を有利に進めることは困難を極めるでしょう。弁護士に依頼すれば、前述の「受任通知」のように、債務者の代理人として有利に交渉を進めていくことができます。

  6. (6)借金問題の解決までがスムーズ

    債権者は、法律や金融に詳しいプロでないとまともな交渉に応じてくれません。
    たとえ交渉できたとしても納得できる債務の減額は望めないでしょう。

    弁護士であれば、債務整理に係る全ての手続きをスムーズかつ有利に進め、早期の借金問題解決が期待できます。

5、債務整理を得意とする弁護士の選び方

弁護士には借金問題、離婚慰謝料請求、交通事故事件など、得意とする分野があります。債務整理を得意とする弁護士はどのように判断すれば良いのでしょうか?

  1. (1)債務整理の知見が豊富か

    債務整理を依頼する以上、弁護士に債務整理の知見がなければ債権者との交渉を有利に進めることもできません。無料相談を利用して、法的なアドバイスをしてもらえるか、質問に対して的確な回答をしてくれるかなどを確認しましょう。

  2. (2)債務整理の解決実績が豊富か

    過去にどのような借金問題を解決してきたか、実績を確認することも重要です。各弁護士事務所のホームページに、解決実績や詳しい事例が一覧で掲載されていたりするので、依頼する前に確認されることをおすすめします。

  3. (3)債務整理の書籍やコラムなど執筆をしているか

    債務整理の書籍やコラムを執筆しているということは、債務整理についての知見が豊富で、なおかつ一般の人にも伝わる言葉で説明できるということです。
    弁護士のプロフィルや経歴を紹介しているページに掲載されているので、そちらも確認されると良いでしょう。

  4. (4)わかりやすい説明をしているか

    債務整理を代行する弁護士には、法律や金融の知識と同様に、「債務者の疑問に対してわかりやすい説明ができる」というスキルも求められます。
    たとえば、任意整理と個人再生の違いについて、なぜその手続きが必要なのか、どういったメリット・デメリットがあるのか、わかりやすく説明できる弁護士を選びましょう。

  5. (5)相談者の立場に立って親身に相談にのってくれるか

    借金問題に悩む債務者は、債権者からの督促におびえる恐怖や借金が膨らんでいく不安を抱えています。弁護士は債務整理を粛々と進めるだけでなく、債務者の不安や悩みに寄り添い、精神的な支えとなる存在でなければなりません。
    相談者の立場になって親身に相談に乗ってくれる弁護士を選びましょう。

  6. (6)柔軟に対応をしてもらえるか

    債務整理の手続きのなかでも、もっとも一般的な任意整理。裁判所を通さない手続きであるため時間もかからず、債権者ごとに異なる対応ができるというメリットがあります。

    任意整理を依頼するときは、どのような返済方法にするか、どの債権者を整理するかなどの検討ができ、柔軟な対応ができる弁護士に依頼されることをおすすめします。

6、まとめ

弁護士に債務について相談する際に知っておきたい基礎知識や、弁護士の対応、弁護士の選び方について解説しました。

借金問題は時間がたつほど債務者に不利になってしまいます。
借金のプレッシャーから解放され、普段の生活を取り戻すためにも、早急に弁護士に相談されることをおすすめします。債務整理の経験豊富な弁護士であれば、相談者の不安や悩みに寄り添い、また心強い味方となって借金問題の解決に動いてくれることでしょう。

ベリーベストでは、借金問題に詳しい弁護士が解決のサポートをいたします。
借金を抱えて苦しんでいる方、早く安心した生活を取り戻したい方は、ぜひご相談ください。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

同じカテゴリのコラム(借金問題)

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の過払い金を気軽にチェック 5分ほどのお電話で無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
PAGE TOP