債務整理 弁護士コラム

借金する前には必ず返済シミュレーションを! 借金返済を判断する上で重要なポイント

2020年03月16日
  • 借金問題
  • 借金
  • 返済シミュレーション

借金する前には必ず返済シミュレーションを! 借金返済を判断する上で重要なポイント

消費者金融などのCMや広告では、「ご利用は計画的に!」などというキャッチコピーが最後に写されます。「計画的に借金する」ということは、「きちんと返済できるかどうかしっかり判断した上で借金する」ということを意味しています。

しかし、実際に人が借金をするときは、事前に返せるかどうかを十分に検討する余裕がない場面の方が多いかもしれません。また、見通しが甘ければ、そもそも事前にシミュレートしたどおりにならないこともあるでしょう。

そこで、この記事では、

・借金する前に返済シミュレーションしなければいけない理由
・実際の借金の返済シミュレーションの例
・返済シミュレーションするときの注意点

について、解説していきます。
消費者金融や銀行から借金しようかどうしようか悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。

1、借金する前に返済シミュレーションしなければならないのはなぜか?

借金をしなければならない場面は「すぐにでもお金が必要」というケースが少なくありません。

しかし、借金は必ず「返済」しなければならないものです。また、借りたお金には決して安いとはいえない「利息」も発生します。

借金をしなければならないということは「手持ちのお金が足りない」ことでもあるので、「今後の生活状況」をきちんと見据えて、「本当に返せるかどうか」をしっかり判断する必要があります。借金をすれば、返済で翌月以降の支出が増えるのにもかかわらず、収入を増やせない、他の支出を減らせないというのであれば、借金を返せるはずもないからです。

そこで、ほとんどの消費者金融や銀行のウェブサイトでは、「返済シミュレーション」を行えるページが用意されています。

まずは、これらのページで、きちんとシミュレートしてみることが何よりも大切です。



※それぞれの返済シミュレーターは仕様(画面構成)も異なるので、自分が最も使いやすいものを用いると良いでしょう。

2、借金返済シミュレーションの具体例

自分で返済シミュレーションをする時間がないという人のために、いくつかの返済シミュレーションの例を示しておきます。

  1. (1)借金50万円の返済シミュレーションの具体例

    「借金50万円」は、無担保のカードローンを借りるときの最も基本となる金額です。銀行でも消費者金融でも、ほとんどのカードローン契約では、「50万円」を最初の上限額としているからです。

    消費者金融のアコムから年18%で50万円借りた場合と、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)から年14.6%で50万円借りた場合を最も一般的な約定返済額における返済回数、完済までの支払利息総額を比較したのが下の表です。

    アコム バンクイック
    適用利息 年18% 14.6%
    毎月の返済額 15000円 10000円
    返済回数 47回 77回
    支払利息総額 198737円 273068円

    借金50万円を借りた場合の約定返済額は、消費者金融では毎月13000~15000円、銀行カードローンでは毎月1万円ずつとなるのが最も一般的です。

    意外に思う人もいるかもしれませんが、約定返済額で50万円の借金を完済した場合には、消費者金融(アコム)の方が、完済までの期間も短く、支払う利息総額も遙かに少なくなります。

    下の表は、バンクイックから50万円(年14.6%)借りたときの返済額の違いによる比較です。

    毎月の返済額 返済回数 完済までの支払利息総額
    11000円 67回 232427円
    12000円 59回 201659円
    13000円 53回 178302円
    14000円 48回 159949円
    15000円 43回 145117円

    この表の結果をみれば一目瞭然であるように、「毎月1000円でも多く返済する」ことで、最終的に支払う利息は大きく変わります。

  2. (2)借金100万円の返済シミュレーションの具体例

    100万円の借金をするときには、大きくわけて次の2つのパターンがあります。

    1. ①1つの金融機関からまとめて100万円借りる場合
    2. ②複数の金融機関から合計100万円借りる場合


    実際のケースでは、たとえば、50万円ずつを2社からというように、複数の金融機関からの借金が100万円という場合の方が多いと思います。
    ほとんどの金融機関は、当初の借り入れ上限額を50万円と定めているからです。

    また、1度に100万円以上の借金をするときには、収入証明書などを債権者に交付しなければならないことが法律などで定められているので、借りる側としても手間がかかるからです。

    「いますぐお金が欲しい」という人ほど、「書類を集める時間がかかるなら小口の借金を複数申し込めばよい」という対応になりがちです。

    ①債権者2社から100万円借りた場合の返済シミュレーション
    たとえば、債権者2社から50万円ずつを借りたという場合の毎月の返済額などは下のようになります。

    消費者金融2社 銀行2行 銀行+消費者金融
    適用利息 年18% 14.6% 18%+14.6%
    毎月の返済額 3万円(15000円×2) 2万円(1万円?2) 25000円
    返済回数 47回(月2回) 77回(月2回) 47回+77回
    支払利息総額 397474円 546136円 471805円

    ※クレジットカードのキャッシングも年15%の利息になることが多いので、上記を参考にできます

    ②債権者1社から100万円をまとめて借りた場合

    毎月の返済額 返済回数 完済までの支払利息総額
    14003円(最低返済額) 168回 1352041円
    14400円 154回(50万円のときの倍の期間) 1218124円
    17000円 104回 767857円
    20000円 78回 550160円
    30000円 43回 290266円

    上の表をみればわかるように、三菱UFJ銀行が設定している最低返済額では、完済まで15年以上かかるだけでなく、完済までに支払う利息の総額も借りたお金を超えてしまっています。

    銀行が設定している「返済額だから大丈夫」と思い込んでしまうことはとても危険です。
    実際にも借金返済に行き詰まってしまう人には「毎月の返済額が少なすぎる」場合も多いのです。

3、借金の返済シミュレーションをするときの重要ポイント4つ

自分で返済シミュレーションをしようにも、「何に気をつけたら良いのかわからない」という人も多いと思います。

そこで、実際に返済シミュレーションをして「きちんと返せる借金であるかどうか」を正しく判断するために知っておくべきポイントについて解説していきます。

  1. (1)約定返済額の決まり方

    実際に借金するときには、契約上の最低返済額が金融機関によって設定されます。

    この「契約上で定められた毎月の最低返済額」のことを「約定返済額(やくじょうへんさいがく)」といいます。

    約定返済額を決めるための基準は、

    1. ①借入額(残額)
    2. ②適用利率
    3. ③返済回数


    の3つです。

    とはいえ、実際には、適用利率は、借入額に応じて自動的に割り当てられ、最大の返済回数も借入額と適用利率に応じて設定されるのが一般的なので、それぞれの借金における約定返済額は、借入額で決まるという理屈になります(最大返済回数よりも早く返すように任意に設定すれば、そちらの方がより重要なファクターとなります)。

    逆に、「同じ金額の借金をどこから借りたら一番約定返済額が少ないか」という問題は、借入額が同じなのですから、次のファクターである「適用利率」によって変わるということになります。

    たとえば、同じ50万円の借金であれば、消費者金融からよりも、銀行から借りた方が約定返済額が少なくなるのは、適用利率が低く最大返済回数が長く設定されるからです。

    いずれにせよ、大切なことは、「約定返済額は『債務者の返済能力(収入)とは無関係』に決まる」ということです。

    約定返済額というのは、債権者である金融機関が、あなたの収入なら「○○円なら返済できますよ」という金額ではなく、「毎月○○円返済できなければお金を貸しませんよ」という基準であることは、しっかり理解しておきましょう。

  2. (2)返済期間を確認する

    すでに上で解説したことですが、それぞれのローン契約で設定される(最大の)返済回数は、適用利率をベースに設定されることが一般的です。「年利○%の借金の場合には、最大○回まで」といった基準を、金融機関はもっているわけです(実務的にはほぼ横並びの基準です)。

    返済期間を確認する上で大切なことは、

    「返済期間が長い」ということは、「必ずしも良いことではない」ということです(詳細は上で説明したシミュレーションを参考にしてください)。

  3. (3)「繰り上げ返済」の可能性を考える

    実際に借金をしたときに、最も重要なことは、「1日でも早く完済する」ことです。

    その意味で、「約定返済で、返済期間をきっちり使い切って借金を完済する」というのは、あまりオススメできません。

    約定の返済額(返済回数)というのは、返済する人のために設定されている金額ではなく、「金融機関の都合」で設定されている金額だからです。

    つまり、「貸し倒れのリスクが許容範囲を超えない範囲で、最も毎月の返済額が低い(返済期間が長い)金額(回数)」が約定返済の金額(回数)なのです。

    言い換えれば、最も、貸し倒れになる顧客を排除した上で、最も利息収入を効率よくあげられる返済額(返済回数)が、約定返済額(返済回数)なのです。

    上の返済シミュレーションの具体例でも示したように、毎月の返済額を1000円増やすだけでも、最終的な支払い額・返済回数は大きく変わります。

    借金の返済シミュレーションをするときには、画面に提示された毎月の返済額を見て安心してしまうのではなく、「あと追加でいくらなら返せるだろうか?」ということまで、しっかり考えておくべきといえるでしょう。

  4. (4)返済がカツカツのときは絶対に無理して借りない

    毎月の生活には、一定の費用がかかります。食費や光熱費、家賃のほかにも、スマホ・携帯料金、プロバイダ料金などの日常生活に必要な支出額は、思ったほど少なくありません。

    したがって、約定返済額が「返済可能なギリギリの金額」というときには、基本的には借金すべきではないといえます。

    返済能力(収入-生活費)がギリギリということは、突発的な支出があったときに対応できないからです。

    「いざとなったら節約すればよい」と考える人もいるかもしれませんが、日常生活にかかる支出を削ることは、実際には簡単ではありません。

4、すでに借りている借金の返済が苦しいと感じたらすぐに弁護士に相談

すでに借りている借金の返済が苦しいと感じているときには、できるだけ早い時期に、弁護士などの専門家に相談することが大切です。

借金の問題はどうしても「自分に都合の良いように」考えてしまいがちだからです。

  • ボーナスでまとめて返済できれば楽になる
  • 副業をはじめれば収入が増える
  • 来年になったら会社の業績が良くなって給料も増える
  • 家計を節約すれば何とか返せるようになる


といったことは、「いま抱えている借金を本当に自力で完済出来るかどうか」を判断するための根拠・基準としてはあまり適当ではありません。

いずれも確実・具体的・客観的な基準とはいえないからです。

  1. (1)弁護士に相談するメリット

    債務整理を数多く手がけている弁護士は、借金が返せなくなったさまざまなケースを見ています。それ故に、過去の経験に基づいて、本当に借金が完済可能かどうかを、他人の視点から判断することができます。

    また、「借金が返せなくなった原因」も突き止めることができるでしょうし、そのアドバイスに従えば、借金を自力で返せるようになることもあるかもしれません。

    借金の問題は、「誰にも知られたくない悩み」なので、どうしても1人で抱えがちです。
    しかし、実際に借金で悩んでいる人の相談を受けていると、「もっと早く相談してくれたら良かったのに」と思うケースが少なくありません。

    誰かに「辛い気持ちを打ち明ける」だけでも客観的に状況を判断できるようになります。

    弁護士(や司法書士)には、守秘義務もあるので、誰かに知られてしまう心配もありませんし、借金の相談は「無料」で受けることが多いです。お気軽に安心して弁護士にご相談ください。

  2. (2)頼れる弁護士選びのポイント

    弁護士に相談をしようとしても「どの弁護士に相談してみたらよいかわからない」という人も多いかと思います。

    基本的には、「債務整理の経験が豊富」な弁護士に相談するのが、最も安心できるでしょう。

    知り合いからの紹介や、弁護士事務所のホームページを閲覧することで、債務整理を専門としている弁護士かどうかは調べることができます。

    とはいえ、最後は、弁護士本人と直接会ってみて(相談してみて)

    • 話しづらい話題を話しやすい弁護士であるか
    • 約束をきちんと守ってくれる弁護士(事務所)であるか
    • わかりやすく説明してくれる弁護士(事務所)であるか
    • さまざまな選択肢を検討してくれる弁護士であるか


    といった基準で判断してみるとよいでしょう。

5、まとめ

借金は、「いまの収入ではお金が足りない」という場合に申し込むことがほとんどです。

その意味では、「先のことを何も考えずに借金を申し込んだ」ときには、返済に行き詰まってしまう可能性はかなり高いといえます。

借金を申し込む前に、きちんと返済シミュレーションを行えば、返済に行き詰まってしまう借金を抱えるリスクはかなり軽減できます。
また、借金の返済が苦しいというときには、できるだけ早く弁護士などに相談をして、必要な対策を講じましょう。

ベリーベストでは、借金問題にお悩みの方へ、最適な解決方法をご提案いたします。
借金問題に苦しんでいる方は、お気軽にご相談ください。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

同じカテゴリのコラム(借金問題)

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の過払い金を気軽にチェック 5分ほどのお電話で無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
PAGE TOP