債務整理 弁護士コラム

債務整理後のキャッシングはできる? 債務整理中の場合は?

2019年11月13日
  • 借金問題
  • 債務整理
  • キャッシング

債務整理後のキャッシングはできる? 債務整理中の場合は?

これから債務整理をしようと考えている方の中には、債務整理後にキャッシングできるのか、債務整理中にお金が足りなくなったときキャッシングを利用することは認められるのかと、お悩みの方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、債務整理をしたことで、キャッシングなどを法律で禁止されるわけではありません。
しかし、債務整理をすると信用情報に事故情報が登録される(ブラックリスト入りする)ので、ほとんどの金融機関は、融資に応じてくれなくなります。

今回は、次のような内容について解説いたします。

●債務整理をしたらその後の生活にどのような影響が出るのか
●債務整理後でもキャッシングができるところはどこか
●債務整理後にキャッシングを利用する場合に絶対にやってはいけないこと

1、債務整理後でもキャッシングは可能!

まずは債務整理やキャッシングといった言葉の意味について整理しておきましょう。

  1. (1)債務整理とは

    債務整理とは、「自分の力では返済することが難しくなった借金を、利息や元金のカットなどの方法で、返済しやすくする、返済を免除してもらうための手続き」のことです。

    裁判所で行われる債務整理には自己破産や個人再生、特定調停といった方法があります。また、裁判所を利用せずに、債権者と直接交渉して、返済条件を定め直すことも可能です(当事者同士の和解によって借金問題を解決することを任意整理とよびます)。

    債務整理は債務者が、自分の力で行うこともできます。しかし、実際には、専門的な書面を作成したり、債権者・裁判所とも難しい交渉を行わなければならないので、ほとんどのケースで弁護士・司法書士に依頼をして行われます。

  2. (2)キャッシングとは

    キャッシングとは、厳密にはクレジットカード会社からショッピング枠以外に現金の借入枠を設定してもらうことを指しますが、より広く「金融機関からお金を借りること」を指すこともあります。この記事でも、「キャッシング」という言葉は、広く「借金をする」という意味合いで用いています。

    キャッシングでは借りたお金を期限までに利息をつけて返済しなければいけません。キャッシングに適用される利息は決して安い金額ではありません。そのため、無計画にキャッシングを繰り返したことで、返済に行き詰まってしまうことは珍しくありません。

    特に、近年ではアルバイトやパート、派遣社員や契約社員といった形で生計を立てている人であっても手軽にキャッシングを申し込めてしまうので、ちょっとした油断、借りすぎで返済に行き詰まってしまうケースも少なくありません。

    債務整理は、このような状況を解決するための手段です。

    返済することができなくなった借金を抱え続けることは、とても危険です。お金がないという状況は精神的な負担も小さくありません。気持ちが追い詰められたことで、場合によっては自殺を選択する人もいないわけではありません。

  3. (3)債務整理後のキャッシング

    上でも見たように、債務整理を行えば借金の負担軽減を認めてもらうことが可能ですが、債務整理の手続きをした後も生活はしていかなくてはなりません。

    そのため、債務整理手続き後にお金が足りなくなったため、また新たにキャッシングやカードローンを利用せざるを得ない……という状況になってしまうことも考えられるでしょう。

    債務整理の手続きを行うと、「金融機関が加盟している信用情報機関のデータベースに「事故履歴」が登録されてしまいます。金融機関は、融資を行う際の審査では必ずこのデータベースに照会します。そのため、債務整理手続き後にキャッシングすることは難しくなるのです。よく「ブラックリストに登録されている」といわれるのは、信用情報に事故情報が登録されることをいうのです。

    一方で、ブラックリストに登録されている人を主な顧客層として貸付業務を行っている業者も少なからず存在しています。

    たとえば、中小の消費者金融の中には、「過去の債務整理歴は不問」という業者もいないではありません。中小の消費者金融では、大手とは異なる方針で事業を行わなければ太刀打ちできないからです。

    ただし、「ブラック可能」と謳っている貸金業者には、悪質業者や、ヤミ金(違法業者)も少なからず存在しますので、慎重にならなければいけません。

2、どこでキャッシングができる?

債務整理手続き後にキャッシングできる金融機関として、どのようなところがあるでしょうか。以下では、ブラックリストに登録されている人が利用できる借入先の選択肢について解説いたします。

  1. (1)多くの金融機関や消費者金融は貸したがらない

    債務整理によってブラックリストに登録されてしまった場合、大手の金融機関ではキャッシングやカードローンを利用するのがほぼ不可能となります。
    アコムやレイクといったCMでよく名前を目にするような消費者金融やクレジットカード会社、銀行や信用金庫のローンはほぼ利用が不可能になると考えておきましょう。

  2. (2)中小消費者金融は独自の審査基準を設けていることがある

    一方で、中小規模の消費者金融では「大手の金融機関ではお金を借りられない人」を主な顧客層としていることが多いですから、独自の審査基準を採用していることがあります。

    お金を貸す側からするとブラックリスト登録されている人にお金を貸すことはリスクが高いですから、貸付利率も高くなる傾向がありますが、きちんと法律のルールの範囲内で活動している業者は少なくありません。
    具体的にはアローやフタバ、セントラルやユニーファイナンスといった中小金融機関が選択肢となるでしょう。

    なお、事業者の方であれば、ソーシャルレンディングといった新しい資金調達方法や、個人的に出資を受けるなどの方法もありますが、これらはあくまでも事業内容に賛同してもらえることが絶対条件となります。

    個人事業主として債務整理をした人が、新たに法人を設立してその法人名義でお金を借りるということも選択肢としては考えられますが、その場合にも代表者の保証を求められる(代表者の信用情報が調査される)のが普通ですから、自分以外の人に経営者になってもらうなどの方法をとる必要があります。

3、債務整理後のキャッシングの注意点

債務整理の手続きをした後に、キャッシングによってお金を借りる場合には、いくつか気をつけておくべきことがあります。
具体的には、次のようなことに注意が必要です。

  • 再び多重債務とならないようにする
  • 闇金で借りない

  1. (1)再び多重債務とならないようにする

    債務整理によって借金の負担を減らしてもらった後には、再び多重債務の状態に陥らないように注意が必要です。

    ブラックリストに登録されている人が資金調達を行うことは非常に困難なことですが、苦労して調達したお金をまた返せなくなったとなると、あなたの社会的な信用は大きく損なわれてしまいます。

    債務整理後には外部からお金を借りるのが非常に難しくなることを理解したうえで、手続きを行う前にその後の生活資金のめどをある程度立てておくことが大切です。

    なお、自己破産によって債務を免除してもらった場合には、7年以内の再度の自己破産は免責不許可事由に該当してしまうことにも注意しておきましょう。

  2. (2)闇金で借りない

    絶対にやってはいけないこととして、闇金からお金を借りることがあげられます。
    闇金はそもそも法律のルールに従って営業する意思がない業者ですから、法外な利息を徴収したり、嫌がらせなどの形で取り立てを行ったりということをしてきます。

    当然ながら、法律を最初から守るつもりのない人たちに対して、債務整理などの法律手続きをしても意味がありません。

    もし、闇金からお金を借りてしまった場合には、闇金対策を専門にしている弁護士が解決してくれるケースもありますので、一度相談してみてください。

4、債務整理中のキャッシングはご法度

上では、「債務整理の手続きが完了した後」のキャッシングについて解説いたしました。

債務整理をした後も生活はしていかなくてはなりませんから、どうしてもキャッシングが必要となるケースは考えられます。その場合には、まず公的融資制度を調べてみましょう。
お金が必要=消費者金融と考えてしまいがちですが、国等でも融資をしています。生活福祉資金貸付制度をはじめとして、教育ローンもありますし母子家庭・父子家庭専用の貸付制度もあります。実施主体はさまざまですが、インターネットで検索するとまとまった情報を入手することができるでしょう。

一方で、「債務整理の手続きを行っている期間中」にはキャッシングで新たな借り入れを行うことは避けなくてはなりません。

特に、弁護士に債務整理の手続きを依頼している場合は、手続き期間中に新たに借金を作ってしまうと、依頼している弁護士との信頼関係を崩してしまう可能性があります。
債務整理は、債権者にも無理な条件をのんでもらって借金問題を解決する手続きです。債務整理の最中にさらに借金を増やしてしまうことは、債権者に対してだけでなく、弁護士・裁判所に対しても不誠実な行為といえるからです。

借金の原因、金額によっては、債務整理途中で、手続きが中止されたり、弁護士に辞任されてしまう可能性もあります。

弁護士はあなたの借金問題を解決するために仕事をしていますから、債務整理手続き中にどうしてもお金が足りなくなってしまったような場合には、キャッシングを利用する前に依頼している弁護士に相談するようにしましょう。

5、債務整理を機にお金の使い方をあらためて考えて

債務整理の手続きが必要な状況に陥る原因は人それぞれですが、借金を繰り返しては債務整理をする……という状況は、決して望ましいものではありません。

特に、生活上特に大きな出費(医療費の出費など)がないのにもかかわらず、浪費やギャンブルによって借金を負ってしまったようなケースでは、そうした生活スタイルの改善から考えていく必要があります。

債務整理を行うことでブラックリスト登録されることは、一見すると大きなデメリットといえますが、強制的に借金ができない状況を創り出すことは、これまでの生活の仕方を見直す良いきっかけになるかもしれません。

6、債務整理中や債務整理後のキャッシングでお悩みの方は弁護士に相談を

すでにみたように、債務整理中にはキャッシングをするべきではありませんが、どうしてもお金が必要な場合にはそのつど依頼している弁護士に相談をするようにしてください。

また、債務整理後のキャッシングは中小規模の貸金業者であれば可能なこともありますが、実際にお金を借りる業者の選定は慎重に行わなくてはなりません(万が一、借りた相手が闇金だった場合には、あなたの人生に大きな影響が出てしまいます)

弁護士は借金や法律に関する問題を解決するスペシャリストですから、あなたの状況に合わせてもっともメリットがある解決策を提案してくれます。

お金に関して困ったことがある方は、弁護士に相談してアドバイスをもらうようにしましょう。

7、まとめ

この記事では、これから債務整理の手続きを行うことを検討している方向けに、債務整理手続きの前後にキャッシングやカードローンを利用する場合の注意点について解説いたしました。

本文でも見たように、債務整理の手続き中にキャッシングをすることは依頼している弁護士との信頼関係を傷つける可能性がありますから避けるのが適切です。

弁護士は、あなたの借金問題を解決するための具体的な方法をアドバイスしてくれます。困ったことがあれば、ベリーベスト法律事務所へぜひ相談してください。あなたの状況に適した解決方法をご提案いたします。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

同じカテゴリのコラム(借金問題)

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の過払い金を気軽にチェック 5分ほどのお電話で無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
閉じる
  • 0120-170-316
  • ご相談の際はお近くの事務所へのご来所が必要となります。
    まずは電話かメールでお問い合わせください。

  • メールで無料相談
PAGE TOP