ベリーベスト法律事務所は過払い金・債務整理・任意整理・自己破産等の借金のご相談に乗ります

0120-170-316

ご相談は完全無料!ひとりで悩まずご相談ください。

お問い合わせ
全国24時間対応0120-170-316
7分に1件のご相談
何度かけても0円
専門スタッフが解決
弁護士をもっと身近に
全国13拠点
あなたの過払い金・借金問題を解決します
当事務所代表弁護士の浅野 健太郎(東京弁護士会)インタビュー
メディア掲載実績・新着情報
2018.12.13
アソシエイト弁護士24名 入所のお知らせ
2018.12.10
12月14日(金)の営業時間に関するお知らせ
2018.11.26
堺オフィス 事務所館内移転のお知らせ
2018.11.19
11月25日(日)東京本店のビル全館停電に伴う休業のお知らせ
2018.11.12
2018年 第二回深圳中日投資サミットフォーラム・深圳視察
2018.11.01
弁護士入所のお知らせ
2018.10.29
弁護士入所のお知らせ
2018.10.26
新著書「日本の裁判がわかる本」を出版いたしました(株式会社カプコン 著/ベリーベスト法律事務所 著 )。
2018.10.22
弁護士入所のお知らせ
2018.10.01
弁護士・行政書士 入所のお知らせ
2018.10.01
川越オフィス開設のお知らせ
2018.10.01
町田オフィス開設のお知らせ
2018.09.10
弁護士入所のお知らせ
2018.09.07
一般社団法人日本深圳経貿文化促進会設立大会[2018年9月18日(火)開催]のご案内
2018.09.03
新宿オフィス開設のお知らせ
2018.08.30
名古屋オフィス 事務所移転のお知らせ
2018.08.21
新著書「離婚の経済と法律」を出版いたしました(監修:弁護士 日原 聡一郎 )。
2018.08.08
台風13号の影響による営業時間変更のお知らせ
2018.08.02
日中企業「一帯一路」フォーラムおよび中国セミナー「中国最新法律実務動向に関する解説」を開催しました
2018.08.01
岸和田オフィス開設のお知らせ
2018.08.01
柏オフィス開設のお知らせ
2018.07.06
日中企業「一帯一路」フォーラム[2018年7月18日(水) 開催]および
中国セミナー「中国最新法律実務動向に関する解説」[2018年7月19日(木) 開催]のご案内
2018.07.01
宇都宮オフィス開設のお知らせ
2018.06.12
「遺産相続」に関する専門サイトをリニューアルいたしました
2018.06.09
中国弁護士が、新著書「中華人民共和国新民事訴訟法司法解釈 実務解説(上)」を出版いたしました(共著)。
2018.06.09
中国弁護士が、新著書「中華人民共和国新民事訴訟法司法解釈 実務解説(下)」を出版いたしました(共著)。
2018.06.01
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.05.01
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.05.01
神戸オフィス 事務所移転のお知らせ
2018.04.24
ゴールデンウィーク期間中の営業時間に関するお知らせ
2018.04.20
弁護士 長島 弘幸が、新著書「必携 実務家のための法律相談ハンドブック」を出版いたしました(共著)。
2018.04.05
弁護士 楊井 人文が、新著書「ファクトチェックとは何か」を出版いたしました(共著)。
2018.04.05
弁護士 日原 聡一郎が、新著書「養育費・扶養料・婚姻費用 実務処理マニュアル」を出版いたしました(共著)。
2018.04.02
アソシエイト弁護士 2名 入所のお知らせ
2018.03.22
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.03.07
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.03.01
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.02.19
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.02.13
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.02.01
アソシエイト弁護士 2名入所のお知らせ
2018.01.29
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.01.22
積雪の影響による営業時間変更のお知らせ
2018.01.21
「産経新聞」朝刊、代表弁護士 酒井将のインタビュー記事が掲載されました。
2018.01.19
ダイヤモンド・オンラインに、弊所弁護士のインタビュー記事が掲載
2018.01.16
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.01.14
弁護士ドットコムNEWSに、弁護士 的場 理依のインタビュー記事が掲載されました。
2018.01.09
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2018.01.04
高崎オフィス開設のお知らせ
2017.12.18
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2017.12.14
アソシエイト弁護士 13名 入所のお知らせ
2017.12.14
年末年始の営業時間に関するお知らせ
2017.12.13
12月22日(金)の営業時間に関するお知らせ
2017.12.13
NHK Eテレ「オイコノミア」内にて、弁護士 巽 周平の痴漢冤罪に関するインタビューが放送されました。
2017.12.06
「離婚・男女問題」に関する専門サイトをリニューアルいたしました。
2017.11.07
コクヨの実験に、弁護士 外口孝久のインタビューが掲載されました。
2017.10.20
「ダイヤモンドオンライン」に、代表弁護士 酒井 将のインタビューが掲載されました。
2017.10.17
【11/15(水)開催】2017年度第1回経営問題研究会『中国における債権紛争解決』
2017.10.17
第一回前海投資説明会及び登録セレモニー(10/24~27@深セン市)
2017.10.02
水戸支店開設のお知らせ
2017.09.28
「citrus」に弁護士 廣瀬 加奈 のコラムが掲載されました。
2017.09.28
「citrus」に弁護士 今村 隆信 のコラムが掲載されました。
2017.09.26
CBCテレビ「イッポウ」にて、弁護士 品川 菜津美による自転車保険に関するインタビューが放送されました。
2017.09.24
北國新聞 朝刊に、弁護士 南 智士のインタビューが掲載されました。
2017.09.23
弁護士ドットコムNEWSに、弁護士 外口孝久のインタビュー記事が掲載されました。
2017.09.15
「citrus」に弁護士 大矢 麻木のコラムが掲載されました。
2017.09.05
「citrus」に弁護士 山川 心 のコラムが掲載されました。
2017.09.01
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2017.09.01
「ビットコインの法務と税務」~ストラクチャ、レギュレーション&タックスの最新動向~のセミナーを開催いたします。
2017.08.28
「citrus」に弁護士 川村 浩樹 のコラムが掲載されました。
2017.08.25
ベリーベスト法律事務所の電話番号を不正に案内している業者に関して
2017.08.21
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2017.08.21
「citrus」に弁護士 宇都 文子 のコラムが掲載されました。
2017.08.18
「citrus」に弁護士 河合 淳志 のコラムが掲載されました。
2017.08.04
痴漢冤罪に遭遇した際、刑事担当弁護士が 即時に電話でアドバイス、現場へ急行するサービスを開始
2017.08.04
「citrus」に弁護士 岩本 俊哉 のコラムが掲載されました。
2017.08.03
相続税申告の無料相談を実施しています。
2017.07.28
「citrus」に弁護士 渡邉 祐介 のコラムが掲載されました。
2017.07.25
「citrus」に弁護士 山谷 千洋 のコラムが掲載されました。
2017.07.18
那覇支店開設のお知らせ
2017.07.12
「citrus」に弁護士 福西 信文 のコラムが掲載されました。
2017.07.12
7月30日(日)【ご参加料金無料】『院長先生のための人事・労務マスター講座』を開催
2017.07.07
「citrus」に弁護士 林 宏子 のコラムが掲載されました。
2017.07.03
「citrus」に弁護士 西本賢司 のコラムが掲載されました。
2017.07.01
アソシエイト弁護士 入所のお知らせ
2017.06.26
横浜支店 事務所移転のお知らせ
2017.06.26
「citrus」に弁護士 田中 悠介 のコラムが掲載されました。
2017.06.23
「教えて!gooウォッチ」に、弁護士 伊藤 祐子のインタビューが掲載されました。
2017.06.21
ベリーベスト法律事務所のロゴや名称を無許可使用したWEBサイトにご注意ください。
2017.06.21
テレビ番組「VOICE」にて弁護士 若佐 一朗 の法律コメントが放送されました。
2017.06.20
雑誌「エデュカーレ」に、弁護士 遠藤 知穂 のインタビューが掲載されました。
2017.06.19
雑誌「週刊ポスト」に弁護士 巽 周平のコメントが掲載されました。
2017.06.16
「citrus」に弁護士 瀬戸 章雅 のコラムが掲載されました。
2017.06.15
「教えて!gooウォッチ」に、弁護士 海嶋 文章 のインタビューが掲載されました。
2017.06.13
「citrus」に、弁護士 須藤 晃海 のコラムが掲載されました。
2017.06.06
テレビ番組「ちちんぷいぷい」にて、弁護士 巽 周平の痴漢冤罪に関するコメントが放送されました。
2017.06.04
弁護士ドットコムNEWSに、弁護士 外口孝久のインタビュー記事が掲載されました。
2017.06.02
「citrus」に、弁護士 鈴木晶 のコラムが掲載されました。
2017.06.02
雑誌「FRIDAY 」に、弁護士 小里徳彦 のコメントが掲載されました。
2017.05.26
「citrus」に、弁護士 齊藤宏和 のコラムが掲載されました。
2017.05.22
「citrus」に、弁護士 小里徳彦 のコラムが掲載されました。
過払い金についてのよくあるご質問
信用情報に影響はありますか?
ありません。
過払い金請求は多く払い過ぎてしまった利息の返還を要求する手続きです。
信用情報に影響が出る事は一切ありません。
当時の領収書や資料がないと請求できませんか?
必要ありません。
貸金業者から取引履歴を取り寄せる事ができますので何も必要ありません。
家族にバレたりしませんか?
他人に知られる事はありません。
不都合な記録が残る事や郵便物が送られてくる事はありません。
過払請求でお金が返って来るのはどんな人ですか?
様々なケースが考えられます。
借入期間が7年以上で金利が18%を超える方(お金を完済している場合を含む)はお金が返って来る可能性があります。
詳しくは0120-170-316までお電話ください。
いくら返ってきますか?
是非お問い合わせください。
ご連絡いただければ、お客様のケースに合わせてすぐに弁護士が概算をお答えします。
費用はいくらですか?
着手金は0円です。
成功報酬は過払い返還額の20%(訴訟の場合は25%)となっています。
その他、事務手数料がかかる場合があります。
対応エリアはどこですか?
日本全国対応しております。
支店の有無に関わらず全国対応させて頂いております。
有名な貸金業者からも返ってくるんですか?
返ってきます。
詳しくは0120-170-316までお電話ください。
なお、下記の業者は実際の過払請求実績の一部です。
(オリコ, マルイ, アプラス, イオンカード, JCB, 出光, 三井住友VISAカード, ニコスカード)
過払い金お問い合わせ
任意整理についてのよくあるご質問
信用情報に影響はありますか?
可能性があります。
信用情報に載ってしまうケースがあります。なるべくお早めにご相談下さい。
3社から借り入れをしていて、そのうち2社分だけを任意整理したいのですが・・・
可能です。
借金の一部の任意整理なども可能です。
任意整理をすると、どのくらい借金が減りますか?
お問い合わせください。
任意整理とは利息をカットする手続きです。利息制限法を超える利息が元本に充当され、その差額分が減額になります。当事務所との交渉により、利息の減額に協力してくれる債権者も多くあります。
貸金業者が任意整理に応じてくれますか?
ほとんどの業者が応じてくれます。
ベリーベストでは金融業者と徹底的に交渉しますので、安心してお任せください。
対応エリアはどこですか?
日本全国対応しております。
支店の有無に関わらず全国対応させて頂いております。
任意整理お問い合わせ
個人再生についてのよくあるご質問
借金がかさんで住宅ローンの支払がむずかしくなってきています。住宅ローンだけは何とか支払いたいのですが何かよい方法はないでしょうか?
あります。
個人再生を選択すれば、住宅ローンを払い続けることで住宅の維持が可能です。
借金が350万円ほどあります。私は保険外交員をしているので破産をすると仕事ができなくなります。何かよい方法はないでしょうか?
あります。
個人再生を選択すれば、資格制限に関係なく仕事を続けられます。
借金がかさんで破産を考えていますが、自動車を持っています。この自動車は特殊車輌(障害者用自動車)で処分されると生活に支障を来たします。何かよい方法はないでしょうか?
ご心配ありません。
個人再生を選択すれば、資産を処分されることはありません。
(ただし、自動車ローンが残っている場合には、自動車を手放さなければならない場合があります)
個人再生お問い合わせ
自己破産についてのよくあるご質問
自己破産すると二度と借金(ローン・クレジット・キャッシング)ができなくなるんですか?
一定期間が経過すれば借り入れ可能です。
7年から10年で自己破産の記録が信用情報から削除されますのでご安心ください。
また、それ以内でも業者によっては貸してくれる場合があります。
選挙権はなくなりますか?
なくなりません。
そういった事は一切ありません。
住民票や戸籍謄本に自己破産の記録がつきますか?
つきません。
戸籍や住民票に破産の記録が記載されることはありません。
自己破産すると就けなくなる仕事があるって本当ですか?
一部の業種に就けない期間があります。
破産申し立てから数ヶ月間のみ、宅建主任者・保険販売員・警備員・JRA調教師・弁護士にはなれません。
ギャンブルをしていても自己破産できますか?
可能です。
ただし、FXは浪費とみられる可能性があります。
家具や身の回りの物も全て失うんですか?
全てではありません。
換金して20万円以上のものは処分対象となりえますが、査定や裁判所によって評価が異なるため古い車等は手元に残したまま破産が可能です。
生命保険は解約しなければいけませんか?
基本的には解約です。
ただし、残高価値によって解約しなくて良い場合があります。また、保険の積立金を弁護士費用にあてる事も可能です。
賃貸のマンションやアパートからは出て行かなければいけませんか?
大丈夫です。
基本的にそのような決まりはありません。
海外旅行にはいけますか?
行けます。
基本的にそのような決まりはありません。
退職金は財産とみなされますか?
金額によります。
160万円以内なら財産とはみなされません。
そもそも私も破産できますか?
お問い合わせください。
手取りの収入から賃料・住宅ローンとか引いた額の3分の1が借金の支払い可能額の上限と判断され、破産の可否が変わります。
持ち家を残したまま破産できますか?
できません。
ただし、破産はできませんが民事再生などで対応できる場合があります。
自己破産が成立するまでは借金を返さなければいけませんか?
返す必要はありません。
弁護士に依頼を出した瞬間から絶対に返済を行ってはいけません。
評価が20万円を超える車を持ってますが生活に欠かせません…どうにか車を残して破産できませんか?
第三者弁済が可能です。
ご家族やご友人に車を買い取ってもらい、その方から車を借りていただけば問題ありません。
お金を使った履歴は必要ですか?
必要です。
破産申し立てまでの直近3ヶ月分の家計簿・通帳が必要となります。
自己破産お問い合わせ
お問い合わせ

↑ ページの先頭へ